カードローンと目的ローンの違い

MENU

カードローンと目的ローンの違い

近年、カードローンの利用者が増加傾向にありますが、カードローンの性質や特徴を理解している人はそれほど多くはありません。

 

そこで、カードローンを知るためには従来からある「目的別ローン」と比較すると良く分かります。

借入金の使用用途が自由

従来、ローンというとマイカーローンや教育ローンなど、借入金の使途が予め決められている「目的別ローン」のことを指しています。

 

また、目的に使用するための借入であることから、マイカーローンの場合は車の見積り書、教育ローンでは在学証明書といった借入金の用途を証明するための書類が必要になっています。

 

なお、借入金の受け取りは利用者ではなく、相手先への入金を条件としているものが一般的です。そして、目的別ローンの中には担保を必要とするものもあります。

 

一方、カードローンは「フリーローン」の一種で、借入金の使用用途が自由であることが最大の特徴です。家電製品の購入に使おうが、旅費に回そうが利用者の自由であり、何に使うのかを問われることもありません。

 

自由であるため当然、提出を必要とする書類はありませんが、借入金が一定金額以上になる場合は収入証明書の提出を要求されます。なお、カードローンでは無担保・無保証人が原則になっています。

追加の借入が自由

目的別ローンは目的のために一度だけ借入をします。従って、新たな目的が生じた時は改めて契約を結ばなければなりません。

 

ところが、カードローンの場合は契約時に利用限度額が設定されると、限度額の範囲内であれば、借入金の返済途中であっても追加の借入が自由にできます。

 

業者に申請する必要も無く、自分の都合次第でコンビニATMから借り入れたり、インターネットから申込んで自動的に銀行口座に振り込んでもらったりできます。ちなみに、カードローンとフリーローンの違いは、カードローンは何度でも借入ができますが、フリーローンの借入は一度きりです。

高い貸出金利

目的別ローンは借入金額が比較的大きいことや、使途が限定されていること、審査が厳格であることなどから金利が非常に低くなっています。また、金利タイプも変動金利や固定金利など、複数用意されているのが特徴でもあります。

 

カードローンは自由度や利便性が大きいために、金利が非常に高くなっています。目的別ローンの金利と比較すると、銀行でも3〜4倍高く、消費者金融では5倍以上も高くなっています。

即日融資が可能

目的別ローンは審査に日数が掛かるため、すぐに融資を受けられることはありませんが、カードローンは申込んだその日にお金を手にできるのが一般的です。
(出典:オリックス銀行カードローン口コミ評判