カードローン借り換え審査

MENU

カードローン借り換え審査

カードローン借り換えで疑問に思うことNo.1は、借り換え審査についてです。カードローン借り換えとは、新しい借入によって、現在借りているローンを完済(借り換え)しますので、一般的なフリーローンの審査よりも、かなり厳しいと思っている人が多いようです。

 

しかし、実際、借り換え審査はフリーローンに比べてそこまで格段に厳しい訳ではありません。このページでは借り換え審査基準について解説しようと思います。

フリーローンを借り換えとして利用する場合と借り換え専用ローンとの違い

まず、予め言っておきますが、借り換えには2種類に分けることができ、1つ目は、借り換え目的とは言わずに、総量規制の範囲内で一般のフリーローンとして借りて、既存(元の借入)のローンを完済する方法と、2つ目は借り換え専用のローンに申込みする方法があります。

 

1つ目のフリーローンで借りるならば、利用目的は使途自由の為、当然借り換えとして利用しても良い訳ですが、審査時に借り換え目的と言わなければ、審査は通常の審査で進むことになります。

 

この場合、総量規制(年収の3分の1を超える貸付が禁止)の範囲内であれば借りられる人も多くおり、その場合の審査基準は普通の審査になりますので、ここで説明する必要は無いと思います。

 

あくまで、借り換えローンの審査基準というのは、消費者金融や銀行カードローンの「借り換え専用ローン」の審査の場合になります。

カードローン借り換えは総量規制例外貸付として審査が可能!

一般のフリーローンと、借り換え専用ローンの大きな違いは、総量規制の問題です。銀行ローンであれば、すべて総量規制対象外となりますので、銀行は関係がありませんが、消費者金融などの貸金業者の場合、総量規制によって、年収の3分の1までしか貸付することができません。

 

例えば、年収が300万円の人ならば貸付限度額は100万円までになります。仮に1社60万円を借りていて、そこを借り換えようと思っても、消費者金融の場合、低金利で借り換え資金60万円を新たに融資すると、一時的にでもその人の負債は60万+60万で、合計120万円となってしまいます。

 

これは総量規制オーバーになるので、通常は貸付ができないのですが、総量規制には例外貸付があり、借り換えやおまとめなどの、「顧客に一方的に有利となる借り換え」「段階的に債務を減らす借り換え」に関しては例外的に年収3分の1を超えても貸付が認められているのです。

カードローン借り換え審査記事一覧

カードローン借り換え審査でもっとも重要視されていることは、今現在借りているローンが滞りなく支払できているのかどうか?と言うことです。借り換えとは、基本的に同額もしくは、多少上乗せして融資を実行します。例えば、50万円を金利18%で借りていて、金利14%のローンから50万円を借りて、借り換えしたい場合、金利14%のローンが借りれれば、その融資金で、18%のローンを完済することになります。要するに、借...