カードローン借り換え審査の基準とは?

MENU

カードローン借り換え審査の基準とは?

カードローン借り換え審査でもっとも重要視されていることは、今現在借りているローンが滞りなく支払できているのかどうか?と言うことです。

 

借り換えとは、基本的に同額もしくは、多少上乗せして融資を実行します。例えば、50万円を金利18%で借りていて、金利14%のローンから50万円を借りて、借り換えしたい場合、金利14%のローンが借りれれば、その融資金で、18%のローンを完済することになります。

 

要するに、借り換えであれば、借金自体の金額は変わらないのです。

 

多少上乗せして借入したいのならば、金利14%のローンから60万円を借りれば、18%の50万円を完済しても、約10万円手元に残ります。借金の金額は50万円⇒60万円になり、10万円増加したことになります。

 

このことから、最初の金利18%で借りている50万円の返済がきちんとできていないようであれば、借り換え後も返済は滞ると誰にでも分かることです。

 

逆に、一度も延滞無く返済ができているならば、金利が下がって、毎月の返済額も増えないようなら、今後も支払は問題ないだろうと見ることができるのです。

負債が一定であれば借りれる可能性がある?

借り換え審査は、貸付後に約束通り完済をすれば借入件数・金額ともに増加はしないことから、あくまで重要視されるのは、今までの負債(借金)の推移と、返済状況です。

 

過去1年〜2年間、負債が増えずに、減少している人は、評価が高く、逆に負債が増加している人は審査に通りずらいと言えます。

 

借り換え審査では、一般的なフリーローンの審査+αと考えてもらえば分かり易いですが、最初に行うのは、その人にお金を貸せるかどうかの通常の審査になります。

 

その審査を通過した人は、借り換えの審査に移ると思ってもらえば、簡単です。ですから、当然無職の人や、今現在延滞している人は借り換え審査前に、一般審査で落ちてしましますので、借りることはできません。